ブログ

Blog

個人演説会のご報告

2023.09.02

🗒️個人演説会のご報告🗒️

9月1日 19時からSoRa cafe feat.waffle cafe Signで開催された個人演説会。

弁士として、
・板垣崇志さん(るんびにい美術館ディレクター)
・工藤美穂さん
のお二人が駆けつけてくださいました。

子どもと一緒のご来場も多く、楽しそうな声がいっぱいの会場。
トークのテーマは「いのち」。

「県議会議員としての『吉田けい子』ではなく、ひとりのママとして、お互いの子どもたちと一緒に幸せな時間を過ごした、大切な友人です」
と、冒頭でご挨拶してくれた工藤美穂さん。

そのあと、けい子さんの口から私たちが聞いたのは、美穂さんの息子さんのじょうくんとけい子さんの息子は同い年でずっと仲良く遊んでいたこと。昨年、じょうくんに難病がみつかり、亡くなってしまったこと。

美穂さん
「わたしたち家族にも、けい子さんはいつも寄り添ってくれた。けい子さんは、一緒に走ってくれる方。そしてときには一緒に立ち止まってくれる方。みなさんが困ったときもきっとそばにいて、話を聞き、一緒に考え、笑って泣いてくれるはずです。わたしはそんなけい子さんだからこそ、政治という場所に立っていてほしい。」

板垣さん
「けい子さんは言葉にしたらシンプルな『いのち』というものを、本当にわかっている、というか、わかろうとしてくれる方。言葉だけのうわずみだけで語る『いのち』ではないんです。愛がある、とも言い換えられると思う。ほんとうに信頼できる方です。」

けい子さん
「スタッフにも話していなかったけど、今回、私のタスキに描いてあるイラストの虹はじょうくんです。じょうくんと一緒にいるよ、という気持ちです。まだまだ、次の4年間でやりたいこともたくさんある。みなさん一人一人の声をもっともっと届けていきたい。みなさんの力が本当に必要です。」

先日の街頭演説にきてくださった「象と花プロジェクト」の 高館美保子さんと、さわや書店の栗澤順一さんも会場にお越しくださり、本当にあたたかな時間になりました。

お集まりいただいたみなさま、ありがとうございました。

「縁遠くなってしまった政治を、自分たちの手に取り戻す」
よくけい子さんが話す言葉です。
あの場所にいた子どもたちにも、私たち大人の姿がそんなふうに映っていたら、記憶にのこっていたらいいなと思った、SNS担当でした。

お問い合わせ

Contact

私たちが暮らすこの岩手の一人ひとりに寄り添った政策を実現し、
誰もが住みよい社会の実現に向けて走り続けていきます。